妻が臨月に入ったら

物事には始まりと終わりがあります。そして妊娠期間の終わりが臨月といい、いよいよ赤ちゃんの出産に向けて準備をする期間です。いよいよ子供が産まれる瞬間まで来るとのことで家族にとっては嬉しいことですが、逆にその分臨月は大事な期間となり、色々準備をする必要があります。


まず決めるのは入院する病院です。当然出産は病院で行うのが一般的なので、その出産の準備をする病院ほ決める必要があります。病院を決めても入院までにある程度の時間はかかるので、早めに決めておくとよいでしょう。

そしてそうなるとそれにかかる費用も必要になります。この時期に妻に余計な負担をかけさせないために費用は夫が用意するとよいでしょう。もし夫が用意するのが難しかったり出来ない場合は臨月を迎える前に予め用意しましょう。

後は当然のことながら子供の名前はしっかりと考えておきましょう。性別が分かればよいですが、まず予測できないことも多いので、男の子女の子どちらが来てもよいように夫婦揃って考えましょう。最もこれは臨月を迎える前に限ったことではないものかもしれませんが。

子供が産まれるとするなら当然その後に向けての準備も必要です。ただ、服を考える人もいると思われますが、服に関しては産まれた後でも充分です。むしろ下手に出産前に買うとサイズが合わず無駄になってしまう可能性もあります。

最低限用意するのは子供を寝かせるベッド、そして子供を外に連れて行くためのベビーカー辺りとなります。後はタオルも用意しておくのもよいかもしれません。

さて、準備もよいですがむしろここで大事なのは家族の対応かもしれません。特に夫ですが、この時期は妻も精神的に不安定になってくる頃です、なのでこの時期は出来るだけ妻の側にいる時間を増やしましょう。そして大抵の準備も妻ではなく夫がやってあげると負担の軽減としてはよいでしょう。もちろん仕事の関係上無理なことにもなりますが、そこは各自工夫の必要があります。

もちろん夫以外の家族もある程度気を使ってあげましょう。ただあまり度が過ぎるとかえって相手に不安を与えてしまうので程ほどにやる必要があります。


このページのトップへ