赤ちゃんのお風呂の入れかた

赤ちゃんは成長する上で様々な事柄を超えていく必要があります。そしてその中の1つに風呂デビューが存在します。

赤ちゃんの体温はまだ上手い調整ができません。なので下手すると命に関わったり、そしてそれによって風呂に恐怖心を抱いて入ること自体が嫌いになってしまうということもあります、何より身長の関係で簡単に水中に沈んでしまうので、そうならないように気を配る必要もあります、それを考えると中々難易度が高い事柄です。

では赤ちゃんを上手くお風呂に入れるにはどのようなやり方をしたらよいでしょうか。
まず確認するのは湯船の温度です。当然のことながらあまりにも熱いのは駄目であり、逆に冷たいのもあまりよくありません。なので温度として40前後が適温でその辺りを保つ必要があります。

次に意外と見落としがちなのが、湯船ではなく風呂場の温度です。風呂場が寒いと湯船に入れたときの温度差によって赤ちゃんの体に悪影響が出る可能性があります。なので予め湯船の蓋を開けたり、熱いシャワーを壁にかける等して暖めておきましょう。

それが出来たらいよいよ一緒に入ることになります。が、こちらも見落としがちですが場所が場所なので滑りやすいです、なので早く一緒に入ろうとして床で滑らないように注意してください、どちらも怪我をする危険性があります。

入る時は一気に入れるのではなくゆっくりと入れましょう。そしてここで赤ちゃんによっては泣き始めることもあります、その場合はしっかり抱きしめたりして安心感を与えれば大丈夫です。
入ったら今度は出て体を洗うことです。まずは赤ちゃんを足で支えましょう、その後は体と頭を洗うことになりますが、この時使うものによっては滑りやすくなって落としてしまう危険性もあるのでしっかりと固定しましょう。

洗った後はシャワーでそれらを流しますが、もちろんシャワーは弱めで、そして熱くなりすぎないように注意して流しましょう。

それが終わったら再び湯船に浸かり温まったら出ます。長く湯船に浸かせるのは負担になるので温まったらすぐに出るようにしましょう。もちろん出る時も床で滑らないように注意しましょう。後はしっかりと体を拭いて服を着せましょう。


このページのトップへ